東京実業高等学校同窓会
同窓会会則
 
- 平成18年06月10日改正 -
 
 
第一条 本会は東京実業高校同窓会と称し、本会の事務所を東京実業高校内に置く。
   
 
第二条 本会は会員相互の好誼を厚くし母校の興隆を図ることを目的とする。
   
 
第三条 本会は会員名簿及び同窓会報を発行する他、第二条の目的を達成するため必要な事業を行う。
   
 
第四条 本会は東京実業高校の卒業生、ならびに本校に関係のある卒業生及びこれに準ずる者を正会員とし、現教職員、元教職員を特別会員とする。
   
 
第五条 本会に下記の役員を置く。
 
・名誉会長(学校長) 1名
・会長 1名
・副会長(1名は副校長) 7名以内
・常任幹事 51名以内
・校内幹事(正会員の現教職員) 若干名
・幹事(各卒業年度各組) 2名
・会計 2名
・会計監査 2名
・書記 2名
・顧問相談役 若干名
第六条 会長・副会長・常任幹事・会計・会計監査・顧問・相談役は総会に於いて推薦する。
第七条 会長は本会を代表し、会務を執行する。副会長は会長を補佐し、会長事故あるときはこれを代行する。
第八条 役員の任期は2ヵ年とする。但し再任を妨げない。
   
 
第九条 会長は幹事会を召集し、会務の執行を協議する。その議決は出席者の過半数による。
第十条 会長は毎年1回以上総会を召集しなければならない。総会の決議は出席者の過半数による。
   
 
第十一条 東京実業高校生徒は在学中に終身会費1万円を同窓会に納入し、卒業と同時に本会会員たる資格を得る。
第十二条 本会の経費は終身会費・寄付金・その他の収入を以って充当する。
第十三条 本会の会計年度は4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
   
 
第十四条 本会会則は総会の議を経て変更する事が出来る。
 
 
CONTENTS
TOPへ
同窓会会則
同窓会役員紹介
同窓会行事
東実同窓会報閲覧
同窓名簿変更申請
同窓会の軌跡
母校校訓・校歌
お問い合わせ