平成30年1月27日(土)17時30分より、横浜の崎陽軒本店にて、東京高校同窓会柴田夏男会長、佐藤達也・松浦みき両副会長を来賓に迎え、現・元教職員並びに26期(85歳)の大先輩から91期(20歳)の若い会員まで、半世紀以上の年齢差のある同窓会ならではの多彩な顔ぶれが一堂に集い、総勢61名の参加のもと、盛大に開催されました。
  臼田会長、上野理事長、知念校長の挨拶、東京高校同窓会柴田会長と、ご多忙の中、急遽ご出席いただいた72期生で神奈川県県議会議員の川崎修平氏よりご祝辞をいただいた後、小畑副校長の乾杯で開宴となりました。
  また、今年も、91期(平成28年卒)陸上部OBの越川堅太君(神奈川大学2年、今年の箱根駅伝往路3区選手)、稲毛暉斗君(國學院大学2年)の二人が参加されて、近況報告などをしていただきました。普段は、あまり話す機会がない先生方や先輩後輩の垣根を越えて、和気藹々の懇談が続く中、行われたビンゴゲームで盛り上がるなど、大変有意義な楽しい時間を過ごし、最後に全員で校歌を斉唱して閉会となりました。(事業部)